交通安全に要注意

事故歴がある人は採用されないこともある

タクシードライバーとして働く場合、何よりも安全運転を重視する姿勢が求められます。タクシー会社にとって自社の車両が事故を起こすのは社会的なイメージを大きく損なう事態です。そのため、安全運転を心がける人材が重宝される傾向があります。事故については規模の大小に関係無く、事故を起こしたという事実だけが問題視されます。少し擦った程度でも交通事故の事実は変わりません。タクシーは乗客を安全に乗せる仕事なので、事故歴のある人は採用されないことがあります。ドライバーとして採用されたとしても非常に厳しい条件になるのは避けられません。タクシードライバーとして働くことを考えるなら、日頃から事故を起こさないように細心の注意を払うことが大切なのです。

もらい事故に遭う可能性を考慮することも必要

自動車事故の約三分の一は被害者側にまったく落ち度の無いもらい事故とされています。もらい事故は主に停止している車両に別の車両がぶつかることで起こる事故です。タクシードライバーの仕事はその性質上、頻繁に車両を停止させます。そのため、後ろから走ってきた別の車両にぶつけられる可能性が高いのです。もらい事故なのでタクシーの側に非はありませんが、ドライバーや乗客が怪我を負うことで会社のイメージが悪くなってしまうのです。また、事故に遭った車両は修理が完了するまで業務に使うことができません。タクシードライバーとしての業務に支障をきたすので、もらい事故であっても交通事故であることは変わらない事実を踏まえて仕事に臨む必要があります。

タクシー運転手の求人には、40代からでも応募できるものがあります。さらには、学歴や経験なども問わないというケースも多いです。