タクシードライバーの仕事の魅力

勤務時間が選べる

タクシードライバーの勤務についてはあまり知られていない部分も多いようです。実は、タクシードライバーの勤務時間は自分自身で選べる場合が多く、かなり自由度の高い仕事だといえます。もちろん、タクシー会社…

詳細はこちら »

煩わしい人間関係がない

現在の職場に不満を持ち、転職を考えている人は、選択肢のひとつに「タクシードライバー」を加えてみましょう。なぜ転職先職業としてタクシードライバーを選ぶかと言えば、タクシードライバーには煩わしい人間関…

詳細はこちら »

タクシードライバーの求人について

タクシードライバーの求人を探すには、インターネットで検索をするとたくさん出てきます。ハローワークや求人雑誌にも掲載されています。

タクシードライバーの仕事のデメリット

タクシードライバーという仕事にもデメリットがあります。良い点だけでなく悪い点も知った上で求人に応募することで、納得して精力的に働くことができます。あえてデメリットを紹介することで更に理解を深められます。

歩合制という給与システム

歩合制とは、売り上げや成績に応じて給与額が変化する給与システムのことです。タクシードライバーは、お客さんから頂いた運賃から給料が支給されます。消費税などを抜いた売り上げから勤めているタクシー会社が…

詳細はこちら »

交通安全に要注意

タクシードライバーとして働く場合、何よりも安全運転を重視する姿勢が求められます。タクシー会社にとって自社の車両が事故を起こすのは社会的なイメージを大きく損なう事態です。そのため、安全運転を心がける…

詳細はこちら »

接客トラブルのリスク

タクシードライバーの仕事は、一般的なサラリーマンと比べると勤務時間が自由であり会社内での人間関係に煩わされることも少ないと考えている人も多いでしょう。しかし、ドライバーは接客業のため、お客への対応…

詳細はこちら »

休憩時間がしっかり取れる

タクシードライバーには休憩時間がない?

タクシードライバーの仕事をイメージした時、勤務時間中、ひたすらお客さんを乗せて道路を走っている絵が浮かびます。長時間椅子に座り続ける辛さは、デスクワークをした経験がある人なら身に染みています。休憩時間が取れないタクシードライバーになると腰を痛めそうだからやめておこうと敬遠する人もいます。 それでは実際にタクシードライバーの休憩時間はまるでないのかと言えば、実はそのようなことはなく、きちんと休憩時間が確保されています。一定数の人は、道を歩いている時にタクシーをみつけて、自動車の中を見て、居眠りしているタクシードライバーの姿を目にした、という経験があるはずです。実はあの姿は「さぼっている」のではなく、「休憩中」になります。

実は休憩時間がしっかり保障されている!

タクシードライバーは6時間を超える勤務の場合は45分、8時間を超える勤務の場合は1時間の休憩を取る権利が認められています。これは一般の企業に勤める会社員と同様の、労働者の権利になります。ただし、お客さんあっての仕事のため、「12時から13時を休憩時間にする」というわけにはいきません。そのため疲労感を感じた時などに、安全な場所にタクシーを止めて小刻みに休憩を取っているというわけです。 また担当するエリアが営業所から近い時は、いったん営業所に戻り、仮眠室で睡眠を取ることもできます。仮眠を取った後でシャワーを浴び、スッキリしてから業務を再開することもあります。このように、タクシードライバーにも、会社員と同様の休憩時間があります。